1. トップページ
  2. レーザー加工機とは?
  3. レーザー加工機とは?
レーザー加工機とは?

レーザー加工機とは?

レーザー光の照射による「非接触加工」の工作機械です

レーザー光を照射している様子レーザー加工機(レーザーカッター)とは、画像処理ソフトウェア等で作成したデジタルデータを用い、加工素材にレーザー光(電磁波)を照射し、蒸発(気化)・燃焼・溶解することで加工する工作機械です。具体的には「切断」「マーキング」「彫刻」の加工ができます。
レーザー光の照射による「非接触加工」ですので、刃物や掘削用具等を用いる加工機械で必要となる「摩滅による刃の交換」や、金型・型紙なども不要であり、素材に応力を加えることなく美しく加工できます。

レーザー加工機は、汎用性が高く、多品種少量生産に適しています

様々なレーザー加工の素材レーザー加工機(レーザーカッター)は、デジタルデータをもとにレーザー光の出力・照射密度・照射時間をきめ細かくコントロールできるため、様々な素材に対し、彫刻、切断、マーキング、及び写真彫刻などを「多様で精緻な加工を簡便かつ短時間で出来る」のが特徴であり、レーザー加工機は「多品種少量生産」に力を発揮します。

ユニバーサル社のレーザー加工機は使い勝手がよくランニングコストが安価

レーザー加工機のラインナップ当社が扱っておりますレーザー加工機(レーザーカッター)は、1988年に世界ではじめてプロッタータイプのレーザー加工機を開発したレーザー加工機のパイオニアであるユニバーサルレーザシステムズ社の製品です。
創業以来、世界でトップシェアを維持しているメーカーならではの、豊富なラインアップ、高い信頼性、使い勝手の良さ、リーズナブルで磐石なアフターサービスが強みです。

 

  • 関連ページ