1. トップページ
  2. ご購入ガイド
  3. 加工可能な素材
ご購入ガイド

レーザー加工が可能な素材

  • レーザー加工機のご購入を検討される場合、目的の素材・材料に加工が出来るかどうかを確認する必要があります。

まずは、CO²レーザー加工機でどのような素材に加工できるのかをご確認ください。
下表は代表的な素材のレーザー加工への適合性をおおまかに整理したものです。
なお、目的の素材にレーザー加工ができるかどうかを確実にお知りになるためには、実際に「テスト加工」されてみることをおすすめいたします。
テスト加工や、素材に関してもっと詳しくお知りになりたい場合は、弊社まで気軽にお問合せ下さいませ。

素材(大分類)素材(小分類)切断彫刻※備考加工事例
金 属アルミニウム××
アルマイト
(表面処理アルミ)
× ※ 酸化皮膜処理など表面加工済みのアルミニウム
ステンレス × ※ 表面の状態によっては加工できない可能性あり ・HPDFOを使った加工事例
・ 金属マーキング材を使った加工事例
チタニウム × ※ HPDFOレンズを使用することでマーキングレベルまで可能 HPDFOレンズを使った加工事例
カーバイド
(タングステン)
× ※ HPDFOレンズを使用することでマーキングレベルまで可能
その他の金属
(金,銀,銅,真鍮等)
× ×
樹 脂アクリル  ※ 切断可能な厚みは発振器の出力とレンズによるアクリルの加工事例
ABS
ポリエチレン
ポリカーボネイト※ ある程度は加工可能だが、焼け焦げる(または溶ける)可能性あり
ポリプロピレン※ ある程度は加工可能だが、焼け焦げる(または溶ける)可能性あり
PET※ ある程度は加工可能だが、焼け焦げる(または溶ける)可能性あり
木 材単板 ※ 切断可能な厚みは発振器の出力とレンズによる
合板 ※ 切断可能な厚みは発振器の出力とレンズによる 合板の加工事例
硬質繊維板×
その他ガラス × ガラスの加工事例
石(陶磁器,人工大理石,御影石等) × 石材の加工事例
繊維・布 繊維の加工事例
ポリエステル ※ 切断可能な厚みは発振器の出力とレンズによる
合成ゴム ※ ある程度は加工可能だが、焼け焦げる(または溶ける)可能性あり ゴムの加工事例
紙の加工事例
皮革 ※ ある程度は加工可能だが、焼け焦げる(または溶ける)可能性あり革・皮革の加工事例
※ ある程度は加工可能だが、焼け焦げる(または溶ける)可能性あり
カーボン ×
凡 例◎:可能  ○:可能(制限あり) △:不適  ×:不可
ご注意!! 塩化ビニール(塩ビ)の加工は行わないでください。有害なガス(塩化ガス)の発生で錆が生じ、加工機の寿命を縮めます。

  • 関連ページ