1. トップページ
  2. レーザー加工機とは?
  3. 加工の種類
レーザー加工機とは?

レーザー加工機でできること

レーザー加工機で出来る加工の種類についてのご説明です。

レーザー切断(カット)

幅広い素材に対して断面を美しく切断することができます。

レーザー切断の様子ユニバーサルレーザー加工機には、自社で開発製造をしたレーザー発振器を搭載しているため、アクリル、木、布等を含む幅広い素材に対して極めて優れたレーザー切断性能を発揮します。複雑な形状もすばやく切断するレーザーカッターとしてさまざまな素材の切断に使用されています。
レーザーで切断加工された模型の部品
品質の良いレーザー切断加工をするには、加工材料により効果的なレーザーのワット数(出力)を選択することが必要です。たとえば、薄い紙などを切断するには、10Wのレーザー発振器が効果的であり、厚さ10ミリのアクリル板を切断するには、50W以上のレーザー発振器が効果的です。

 

レーザーマーカー(マーキング)

様々な素材に対して文字やロゴをレーザーマーキング(刻印)することができます。

レーザーマーキングの様子ユニバーサルレーザー加工機には、自社で開発製造をしたレーザー発振器を搭載しているため、アルマイト板、プラスチック、木、ガラス、大理石、織物等の幅広い素材に対して極めて優れたレーザーマーキング性能を発揮します。
レーザーマーキングされた懐中時計ユニバーサルレーザー社のレーザー加工機(レーザーカッター)は、特許技術の一であるハイパワー高密度集束レンズ(HPDFO:High Power Density Focusing Optics) を使用して特定の金属へのマーキングが可能です。
ハイパワー高密度集束レンズはレーザービームの密度をさらに収束させより小さな焦点スポットサイズにレーザーパワーを集中させることで、金属マーキング溶剤無しでステンレス鋼板、スチール、チタン、クロム鋼、高炭素鋼板に直接マーキングを可能にします。
ハイパワー高密度集束レンズ(HPDFO)

 

レーザー彫刻

多様な素材に対して立体感のある彫刻をすることができます。

レーザー彫刻の様子ユニバーサルレーザー社の製造するレーザー加工機には、自社で開発製造をしたレーザー発振器を搭載しているため、木、ガラス、プラスチック、布等の幅広い素材に対して極めて優れたレーザー彫刻性能を発揮します。
レーザー彫刻の精緻な加工例HPDFO (High Power Density Focusing Optics) 高密度集光レンズ/ハイパワーレンズを使用すると、より精巧繊細な描画の彫刻をすることができます。

 

レーザー写真彫刻(グラフィック イメージング)

素材の特性にあわせ、写真を高精細に彫刻することができます。

レーザー写真彫刻の様子ユニバーサルレーザー社のレーザー加工機(レーザーカッター)は、大理石、木、ガラス、プラスチック、塗装された金属、織物、アルマイト板等を含む幅広い材料に対して、最高の写真彫刻性能を発揮します。
レーザー写真彫刻(グラフィック イメージング)は、写真プリントや紙に印刷したものと異なり、劣化することはありません。
画像処理ソフト「ワンタッチレーザーフォト」写真彫刻には、ワンタッチレーザーフォトがおすすめです。市販の画像処理ソフトで作成するより、ごく簡単な操作で素早くレーザー彫刻に最適な画像デ-タを作成できます。
ワンタッチレーザーフォトは、写真を素早く簡単にレーザー彫刻に最適な画像デ-タを作成するソフトウェアです。
ワンタッチレーザーフォト

 

レーザー加工機は多様な分野で活躍しています

レーザー加工機(レーザーカッター)は、アクリル、ゴム、木材、紙、繊維などの幅広い素材に対し「切断」「マーキング」「画像加工」「彫刻」が行えますので、当社で納入させていただいたお客様も下記のように業界・業種が多岐に渡っております。

■ 工業系・デザイン系・アート系教育機関・団体
■ 看板・サイン・POP製作・アクセサリー加工
■ 病院・メーカー研究室・試作品作成
■ 大学研究室・建築学部
■ 文具・雑貨・ノベルティグッズ・オーダーグッズ・メーカー
■ 建築模型製作、ジオラマ制作
■ 木工製品・石材加工
■ ガラス製品・ワイングラス名入れ加工
■ 印鑑・印章・徽章
■ 婚礼・ウェディング関連ノベルティ・イベント会社
■ 皮革製品名入れ・繊維素材裁断・加工
■ FabLab、ものづくりシェア工房
■ 授産施設
■ 墓石・位牌・骨壷(名入れ)・メモリアルグッズ

  • 関連ページ