トップページ > レーザー加工事例 > 革・皮革 > 皮革への基本加工例

レーザー加工事例

皮革への基本加工例

レーザー加工機で皮革(スマホケース)へ基本的な加工を行った事例です。

↓こちらは加工の様子になります。

こちらは仕上がりの写真です。

皮革へのレーザー加工の様子01

皮革へのレーザー加工の様子02
皮革へのレーザー加工の様子03

  • 加工用データについて
コーレルドローグラフィックスイーツX6で加工用データを作成しています。
データ作成の流れは以下のとおりです。
1.社名ロゴ画像をファイル内にインポートして、サイズを変更する
2.写真を選択し、カラーをグレースケールに変更した後、白黒を反転させる
3.テキストツールを用いて日付を記入する

  • レーザー加工機の環境
レーザー加工機:VLS2.30/30W
レンズ:1.5インチ
エアアシスト:バックスイープ
テーブル :彫刻テーブル

  • レーザー加工機のパラメーター

Rast(ラスター)
Power:100%
Speed:100%
PPI:500
DPI:5

  • 加工時間

1分11秒

  • 加工のポイント

●皮革は素材によって設定値が変わりやすいので、必ず端材などでテスト加工をしてから本加工に入ります。
●加工直後は臭いが際立つが、時間経過で消えます。

  • その他、加工上の応用ポイント
●1枚の皮革から、彫刻&切断加工を行う。
●ヤニや焦げ跡防止のため、DPI・PPIを下げて加工する。