トップページ > レーザー加工事例 > プラスチック・アクリル > 二層板の加工例

レーザー加工事例

二層板の加工例

二層板(金/黒板 0.8mm厚)にレーザー彫刻と切断を行い、しおりを作った加工例です。
イラストデータから彫刻のデザインを行う加工例を紹介いたします。
ロウマーク加工後写真1_修正版

  • 加工用データについて
  • コーレルドローグラフィックスイーツX7で加工用データを作成しています。
    データ作成の流れは以下のとおりです。

    1.イラストデータをインポートする
    2. 上記1のデータを、メニュー [ビットマップ] の“ビットマップに変換”から、グレースケールにする
    3. 上記2のデータを、メニュー [効果] の“変形”から、カラー色反転する
    4. 上記3のデータを、切り抜きツールを用いて、しおりサイズの長方形で切り抜く
    5.長方形ツールを用いて、しおりサイズの長方形を、塗りつぶしをなし、枠線を赤で作成する
    6.上記5の長方形のすべての角を、1mmの丸型にする
    7.楕円形ツールを用いて、3mm程度の正円を作成し、上記6の長方形上部中心に配置する
    8. 上記4と6のデータを、中心合わせをして配置する

    ↓元のイラストデータ

    桜_イラストデータ

    ↓加工用データ

    ロウマーク_01a(加工データCorel)

    • レーザー加工機の環境
    レーザー加工機:VLS3.50/30W
    レンズ :1.5インチ
    エアアシスト :コーン
    テーブル :カッティングテーブル

    • レーザー加工機のパラメーター

    Rast(ラスター)・Black
    Power :25%
    Speed :80%
    PPI :500
    DPI :5
    オプション:3D

    Vect(ベクター)・Red
    Power :30%
    Speed :10%
    PPI :800

    ↓加工の設定値

    ロウマーク_01b(設定値)

    ↓UCPに送信した加工データ(拡大)

    ロウマーク_01d(加工データUCP拡大)

    • 加工時間

    4分11秒

    • 加工のポイント

    ●素材(二層板)の目にあわせて、データの向きを変更する
    ●硬い素材を用いて作成する際は、長方形を角を丸くする
    ●ラスターオプションで“3D”を選択する
    ●加工後の加工物は反り返り、においも残るので、重石をのせて1日ほど置いておく

    • その他、加工上の応用ポイント
    ●カラー色反転したデータを、メニュー [効果] の“調整”から、トーンカーブを用いて、
     明暗(=白黒)をはっきりさせる
    ●使用する写真を吟味し、カラー色反転させないデータを作成・加工することで、
     加工後の反り返りとにおいを軽減する
    ●上部中心に空けた穴に通すための紐やリボンも、レーザー加工機で作成する

    ロウマーク加工例_装飾付1