1. トップページ
  2. その他の製品
  3. 3Dプリンタ MF-2200D

3Dプリンタ MF-2200D

安心の国産 3Dプリンタ MF-2200D

自社開発高速デュアルヘッド搭載

MUTOH 自社開発の高速デュアルヘッド搭載に合わせ構造・駆動系を一新

さらに広がる大型・高精度3D造形の世界。

エンジニアリング、工学・美術教育、キャラクター造形、プロダクトデザイン、プレゼンテーション…、
大きく広がる3Dプリントの世界をご実感ください。
3Dプリンタ MF-2200D 可能性が広がる

MF-2200D 製品の特長

300×300×300 mmの大型造形エリア

デスクトップモデル3Dプリンタ最大クラスの300 mm四方の造型エリアでより大きな出力が可能です。また、2つのヘッドを搭載しているため、2色造型や異なる材料による異材種造形が行えます。

大型造形エリア MF-2200D

2つのヘッドを個別に制御するデュアルキャリッジ

1つのヘッドが作業を終了すると造形エリアから離れて待機するデュアルキャリッジ方式を採用。自社開発のヘッドが高い熱容量を安定的に維持できることと、軽量化による軸移動の高速化を加え、造形スピードを約1.2倍(当社比)まで高めました。

デュアルキャリッジ MF-2200D

ヒータ付き成形テーブルで造形物の収縮・反りを抑制

樹脂の温度変化による収縮と反りを抑えるために、造形テーブルにヒーターを搭載。 また、駆動方式を一新。XY軸は筐体上部に設置したヘッドに、Z軸は昇降する造形テーブルにすることで、XYZのズレを抑制、高解像度造形を実現しました。

ヒータ付き成形テーブル MF-2200D

多種マテリアル対応

ABS、PLAはもちろん、その他の材料にも対応しています。MF-2200Dの特徴である異材種造形では、オーバーハングの造形を支えるサポート材に水溶性フィラメントPVAを利用することもできます。PVAで作成したサポート材は、水道水で溶かすことができ、サポート材除去の手間を省くことができます。

多種マテリアル対応 MF-2200D
PVA サポート材除去前と除去後

MF-2200Dの製品仕様

型式 MF-2200D
造形方式 熱溶解積層方式
最大造形サイズ X × Y × Z 300 × 300 × 300 mm
Z軸解像度 最小積層ピッチ 0.05 mm
※全ての造形で50ミクロンの積層を保証するものではありません
最大積層ピッチ 0.5 mm
ヘッド数 デュアル(2個)
温度制御範囲 ヘッド 室温〜240℃
テーブル 室温〜110℃
使用材料 ABS / PLA / TPC / SB /PVA
サポートOS Windows7、Windows8、Windows8.1、Windows10
ソフトウエア 制御ソフトウエア 日本語版 Pronterface
スライサーソフト 日本語版 Slic3r、日本語版 Cura
入力データ形式 STL
本体質量 約 57 kg
外形寸法 L × W × H 680 × 705 × 680 mm (フィラメント、外部突起部含まず)
入力電圧 AC100V 50 / 60 Hz
消費電力 450 W
付属品 ABS φ1.75 白
PLA φ1.75 黄
電源ケーブル、USBケーブル、板スパナ、六角レンチ

お問い合わせはこちらへ

ヨコハマシステムズ東京支店:TEL 03-5439-9855/FAX 03-5439-9878
ヨコハマシステムズ大阪支店:TEL 06-6395-4430/FAX 06-4867-4361

WEBからのお問合せはこちら → お問合せフォーム

その他の製品