1. トップページ
  2. レーザー加工事例
  3. ゴム
  4. イラストゴム印の作成例
レーザー加工事例

イラストゴム印の作成例

レーザー加工機によるイラストゴム印の作成例です。
レーザー加工用にイラストのデータを編集して、ゴム印を作成する加工をご紹介します。

↓こちらは加工のデータになります。

ゴム印02_1ゴム印02_2

↓こちらは仕上がったゴム印で紙に押印した写真です。

ゴム印の加工事例

  • 加工用データについて
コーレルドローグラフィックスイーツX6で加工用データを作成しています。
データ作成の流れは以下のとおりです。
1.イラストデータをインポートして、必要な編集(※)を実施します。
2.長方形ツールを用いて、イラストサイズよりも大きめな長方形を、塗りつぶしを黒、枠線をなしで作成します。
3.長方形ツールを用いて、イラストサイズの長方形を、塗りつぶしなし、赤枠線で作成します。
4.オブジェクトの重ね順を、3>1>2の順で設定し、中心合わせをして配置します。

(※)必要な編集

イラストゴム印

  • レーザー加工機の環境
レーザー加工機:VLS3.50/30W
レンズ :1.5インチ
エアアシスト :バックスイープ
テーブル :彫刻テーブル

  • レーザー加工機のパラメーター

Rast(ラスター)
Power :90%
Speed :20%
PPI :500
DPI :6

Vect(ベクター)
Power :90%
Speed :10%
PPI :500

  • 加工時間
4分10秒

  • 加工のポイント
●使用するイラストは、グラフィックソフトもしくはUCPにて、白黒(モノクロ)へ変更する。
●左右対称のイラストの場合、ミラー反転は不要になる。
●ゴム印のサイズに合わせて、イラストのサイズを決定する。
●イラストによっては、文字彫刻のゴム印よりも粉塵が出るため、加工後の清掃に注意する。

  • その他、加工上の応用ポイント
●カットラインを、イラストに合わせた形で作成して切断する。
※長方形や円の場合、イラストの形次第で余分な部位が多くなってしまうため。